東京都ベビーシッター利用支援事業
(一時預かり利用支援)
のご利用について

東京都では、ベビーシッターを必要とする保護者を支援するために、ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)という事業を行っています。

この度、パリオは、東京都ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)の認定事業者として、東京都に認定されました。

この事業の補助を利用いただくことによって、同事業を実施している市区町村に住む保護者は、無料~1時間500円の格安料金でパリオのシッターサービスをご利用いただけます。

東京都ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)とは?

保育を必要とする保護者がベビーシッターを利用する場合の利用料について、区市町村が費用を補助する、という制度です。

対象自治体

千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、品川区、目黒区、中野区、豊島区、北区、荒川区、足立区、葛飾区、江戸川区、武蔵野市、狛江市

※2023年8月1日現在

対象者

下記いずれかに該当する者

  • 保育を必要とする者
  • ベビーシッターを活用した共同保育を必要とする者

対象児童

未就学児

※弊社サービスは0歳6か月以上のお子様からご利用いただけることとしております。

補助金額

1時間あたり2,500円×年144時間

※午後10時~午前7時:1時間あたり3,500円

その他

対象者及び対象児童の詳細な要件は、区市ごとに異なることがありますので、お住まいの区市ウェブサイトでご確認ください。

「一時預かり」補助を使うメリット

無料~格安でシッターサービスをご利用いただけます

一時預かり利用支援では、1時間2,500円の補助を受けられます。

パリオのシッターサービス料金は1時間2,500円~なので、先生・シッターによっては、無料でシッターサービスをご利用いただけます。

年間最大36万円分の補助が受けられます

一時預かり利用支援事業を活用すれば、2,500円/時間×144時間=36万円分の補助を受けられます。

利用理由を問わず、ご利用いただけます

ベビーシッター利用支援事業(一時預かり利用支援)では、対象自治体に住む対象者であれば、誰でも補助を受けられます。利用理由も問われません。

こんな時のご利用がおすすめです

  • 育児に疲れたのでリフレッシュしたい。
  • たまには友人と遊びに行きたい。
  • 家事を片付けたい。
  • 残業をすることになった。
  • 上の子の習い事・行事に下の子を連れて行けない。

お気軽にお問い合わせください!

ご利用の流れ

STEP

1

お問い合わせ

お電話、メールにてお問い合わせください。

まずは話だけでも聞いてみたいという方もお気軽にご連絡ください。

ご要望についてお伺いし、最適な提案をさせていただきます。

STEP

2

利用申込み

利用申込みページをご案内します。

ページにアクセスし、必要項目をご入力いただきます。

STEP

3

ご利用

ご指定の日時にシッター・先生がお伺いいたします。

STEP

4

申請書類の送付

ご利用後、自治体に申請するのに必要な書類2点「ベビーシッター要件証明書」「領収書」を、弊社本部よりお客様にお送りします。

STEP

5

自治体への申請

お客様ご自身で各自治体に申請します。

申請方法の詳細は、各自治体ウェブサイトをご確認ください。

その他、ご利用に関するよくある質問はこちら

お気軽にお問い合わせください!